京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

海と空が交わることはあるのだろうか

象印IH鍋で料理してみた 第一弾「スープとカレーとわたし」

タイトルの「わたし」は雰囲気でつけただけであり内容には関係ない。ご容赦を。

 

さて、僕の目下の関心ごとは、家事のAutomation化である。

こちら先日Amazonから届いた象印のIH圧力鍋である。

早速使ってみたのでレポートしたい。

 

手始めにスープとカレーを作ってみたのだが、カレーはそこそこ美味しくできたが正直スープは美味くない。

なぜだ。このスープの味の物足りなさはなんだ。ガスコンロで作った方がずっと美味いぞ。

 

ここで、スープとカレーの作成方法は基本的に同じである。

材料を全てぶち込んで70℃で13時間にセット。食べたい時に食べることができる。素敵。

 

スープは野菜と調味料(醤油など)、カレーは肉と野菜、ルーを投入する。

この時、根菜については事前に電子レンジにかけておく。

 

我が家の電子レンジの場合ヘルシオのような蒸し機能がないので、どのモードを使えば良いのかというところから試行錯誤である。

 

オーブン機能の「スチームオーブン」というものがあり、「スチーム」という響きのみからなんだか良さそうとこれを選択してみたものの、所詮「オーブン」であり、野菜様たちは皆お焦げ気味になった。

結果的に「お好み温度」で温めが良いという結論に達した。

これはお好みの温度と温め時間を手動で選択するものだ。シンプル〜。

 

こうして柔らかく蒸された状態の根菜たちをIH鍋の中に用意しておいた味付きスープにぶち込むというわけ。

とりあえずカレーについては成功したが、スープについてはもう少し研究する必要がありそうである。

 

目指せ家事のAutomationー。