読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

海と空が交わることはあるのだろうか

ロジカル家事にハマり始める

僕は割と興味の幅が広い方だと思うが、その時によって自分の中のブームが変遷していく。せっかくなのでこれをブログに記録していこう。

 

さて、最近読んだ本の中のヒットは、勝間和代氏の「ロジカル家事」という本である。まず、一見「こうすべき!」と決めつけていた家事、特に料理。これに疑問を呈するというところから始まる。これはすごいパラダイムシフトをもたらした。

 

そして今、僕のブームはロジカル家事になっている。

実は、少し前のブームは料理(自炊)であった。

その前のブームは健康管理だったのだが、そこから派生して、健康のためにも、なるべく家でご飯を食べようと思ったのだった。

僕は、何かを始めようと思った時、基本から学びたい人なので、クックパッドを開いて付け焼き刃的に料理を始めるのではなく、出汁の取り方とか料理の基礎とかそういうところからやりたがる。

そしてまず買った本はこちら。(良本でした。)

まず、料理道具を揃えるところから始まる。

なんだ、あの和食料理屋さんとかで使っている小麦粉をまぶすためのパッドとか、サイズが色々あって・・・ふむふむ、計量スプーン、計量カップも揃えないとな・・・ふむふむ。中火と弱火の違いは?味付けの基本は?など、役立つ内容も多かった。

そして何より、そんな風にして作った料理がとても、とても美味しそうだったし身体に良さそうだった。

そうなれば、では良いガスコンロを買わないとな(引っ越し予定である。)と考えを巡らせていた。タイマー付きだとか、魚は両面焼きだとか、油の温度管理ができるとか。そこそこお高い。でも美味い料理を作るため!

そんな矢先のロジカル家事である。

まず、火を使わないというところから天変地異が起こった。

ガスコンロ、いらないやん。

そもそも、これまでの家事を疑っていて、どう省力化するか、どう自動化するか、つまり、どうITを活用するかという論点を家事に取り入れているのである。

む、、、こちらの方が僕に向いている気がしてきたぞ。

無理して苦手なことをやるのではなく、ITを活用したら良いんじゃないか。

働きながら、そもそも今できていないことを生活に取り入れるハードルを考えると、自動化していくべきなのだろう。

ということで、手始めに圧力IH鍋を買ってみた。

これからの家事(主に料理)が楽しみである。