読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

海と空が交わることはあるのだろうか

自分が普段何を口にしているか

今さらだけど、食べるものが自分の身体をつくると思う。

前から気づいていなかったわけじゃないのだけど、僕が行動に移すきっかけは「ダイエットは運動1割、食事9割」という本だった。以前、コンビニで迎えを待っている間、暇つぶしに購入した。正直、こういう本への期待値は低い。しかしこれはなかなかの良書だったと思う。(薄いからすぐ読める。)

Kindle Unlimitedを申し込んでいる人は、決定版を無料で読めるようだ。(僕は今、Kindle Unlimitedを無料体験中である。)

 なんと実践ノートというものもある(笑)。

 

要は、ダイエットにしても健康にしても食事がとても大切だよということなのだが、僕はこの本をきっかけに「栄養学」にはまってしまった。

とはいってもそんなに真面目にお勉強をしているわけではない。

しかし、確実に自分が口にするものへの意識が高まったと思う。

知れば知るほどに、ものを食べることが怖くなる。

現状の(都心での)生活を考えれば、確実に、「より良いものを摂取しよう」というより「いかに悪いものを口にしないようにするか」ということが重要であると思う。

 

そんな中、ローソンで出会った「オーガニック麦茶」。

「オーガニック」に惹かれて(こう書くとミーハーだ…)というので少し高かったがなんとなく試しに購入した。

しかし、これがびっくりするくらい美味しかった。

特に、キリンの「アルカリイオンの水」で作ると(まぁ天然水なら何でも良いと思うが)水道水で作るよりずっと美味しい。

夏に友人が家に遊びにきたときこの麦茶を出したところ、「なにこれ美味しい!」と言って驚いた。こんな美味しい麦茶を飲んだのは初めてだ、と。感想を求めたわけでもないのにわざわざそんなことを言うなんてよっぽどだろう。

本当はもっと早く書こうと思っていたのだが、夏が終わってしまった。

しかし涼しくなってきた今でも僕は今でもこれを愛用している。(味覚は人それぞれだし、これに限らずもっと美味しい麦茶は多々あるのかもしれないが。)

 

結局、健康の話というより美味しい麦茶の話になってしまった。

とにかく、僕が言いたかったのは、一度、普段自分が何を摂取しているか考えてみると良い、ということである。