京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

毎日のBetterを目指す〜エンジニアとしてのキャリア、婚活、結婚生活、家事、就職、家族とか〜

NOTEMAM ノートカバー

今日届いたのは、日本能率協会マネジメントセンターのNOTEMAMである。
あれ?昨日コクヨのノートカバー買ってなかった?衝動買いってそういうものだ。
 
さて、早速コクヨとNOTEMAMのノートカバーを比較してみたい。
 
こちらはNOTEMAMの説明シート。
f:id:M_Kyono:20151229191031j:image
 
こんな感じ。
f:id:M_Kyono:20151229191035j:image
切り込み入った部分がしおりになる。
f:id:M_Kyono:20151229191115j:image
クリアファイル付き。
f:id:M_Kyono:20151229191050j:image
ジッパー部分には文房具を入れてみた。(トラベラーズノートの頃の名残)
f:id:M_Kyono:20151229191058j:image
さらにクリアファイルが2枚。
f:id:M_Kyono:20151229191106j:image
 
クリアファイル部分はこのように取り外せる。これをコクヨ ノートカバーの方に差し込んでも良いかもしれない。
f:id:M_Kyono:20151229191117j:image

コクヨのノートカバーとの違いは、まず材質。NOTEMAMの方は革が柔らかいが、コクヨの方は堅く決してしならない素材。素材の違いと収容ノート数の差異(コクヨの方はノート2冊収納)によりNOTEMAMの方が圧倒的に軽く感じる。

そしてNOTEMAMの方はペンホルダーが伸びない素材なので残念ながら僕の万年筆は収まりませんでした。コクヨの方はゴム製で伸びるのでかなり太いペンも収納可能。

 

せっかく買ったので当面両方の使い心地を確認していこうと思う。

 

今回買ったのはこちら2点: