読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

海と空が交わることはあるのだろうか

タスクを予定として記入する

自分のタスクを管理する際、これまではほぼ日手帳で管理していた。

ほぼ日手帳は予め日付の入った1日1ページノートなので、未来の日付に予定を入れて自分へのコミットとしていた。
これが習慣化してやることと思いついたそのときに、該当の日付のページにタスクをメモしておく癖がついた。
予定管理をデジタル化しようと思ったとき、会社のカレンダーは他メンバーとの予定共有に使っているので、共有すべき予定が見にくいし、そもそも自分のタスク詳細を他人に晒したくもない。
 
そこで、個人的なタスクはGoogleカレンダーに記入してみようと思ったが、そうするとタスクに「時間」を入れる必要が生じることに気づいた。
 
僕のタスク計画手順は以下のとおり。
 
まず全タスクを洗い出すため、終日の予定として記入する。

f:id:M_Kyono:20151110214655p:plain

(例)1/5のタスクとして3つ挙げた場合

f:id:M_Kyono:20151110214608p:plain

次に、それを1日の中でどう配分するか考えながら、時間軸の中に落としていく。
 
例えば10:00~12:00部分をドラッグしながら、

f:id:M_Kyono:20151110214830p:plain

話すとポップアップが出てきます。

f:id:M_Kyono:20151110215501j:plain

例えばこんな感じで1日の予定をブロックしていく。

f:id:M_Kyono:20151110215426p:plain

パソコンだととてもスムーズに操作できる。
 
どれくらい時間をかけるか、どのような順番で着手するか、タスクも時間付きの予定として組み込む試みを実践する。
 
変更履歴:
2015/11/10 画像を入れました。