読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

海と空が交わることはあるのだろうか

2016年の手帳

来年の手帳について考える時期。

ここ何年か、なんとなく「ほぼ日手帳」を使っていたが、2016年の手帳はどうしようかなと迷っている。

僕がほぼ日手帳を使い始めたのは、会社で尊敬する先輩が使っているということが大きな理由だ。

1日1ページのほぼ日手帳は書くスペースが広く、スケジュールはもちろん、大きな買い物をしたときの領収書を貼ったり、褒められたこと、怒られたこと、感じたことのメモなどを自由に書き込んでいる。

スケジュール帳というより日記みたいになっている。今年は仕事で新しいポジションにチャレンジしたので、気付きが多かった。

 

来年の手帳について迷っていると、yuki3moriさんがこんなブログを書いておられた。

yuki3mori.hateblo.jp

 

yuki3moriさんが浮気しそうな「365DaysNotebook」。

いま話題らしい「ジブン手帳」。

会社で尊敬する先輩おすすめの「7つの習慣手帳」。

人生を変える時間管理ツール、手帳のオンラインショップ |フランクリン・プランナー・ジャパン

 

ほぼ日手帳は書くスペースが多くて良いのだが物理的に重いのが悩みの種。

普段PCを持ち歩く身としては、鞄の中身はできる限り軽くしたい。

 

365DaysNotebookのサイズ毎のサイズは以下のとおり。

A5・・・354g

A6・・・181g

B5・・・522g

B6・・・268g

 

ちなみに、ほぼ日手帳は210g。だけどカバー含めるとぐっと重くなる。 

最近、会社のカレンダーをスマホで見られるようにしたので、スケジュール管理はPC&スマホ、日々のメモを365DaysNotebookという結論が有力かもしれないと思っている。

 

手帳の重さが気になるので実際にお店で手にとってから決めようと思う。