京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

海と空が交わることはあるのだろうか

家族写真をNASで共有する

最近、昔の写真を見返すことが増えた。

母親が昔の写真を整理したりなんかしているせいかもしれない。

そうすると、こんな顔してたかなとか体型が変わったなとか、普段気付かない緩やかな変化に気付く。

意外といろんなこと忘れてる。自分で思い出歪めてる。

 

家族の写真は、各人のPCやスマホに保存されていて全然整理されていない。

そこで、一箇所にまとめようと考えた。

 

最近子どもが生まれたという同僚は、実家の両親が孫の顔を見たいというのでGoogle+ フォトを使って写真を共有してるらしい。容量制限がない上にリンクを送ればすぐアクセスできるから便利 だと言う。

しかしGoogleに限らず、クラウド上に写真置くのにどうしても抵抗を感じる。

そこでローカルのハードディスクにファイルを集約するために使ってないHDDをひっぱり出してきて年別フォルダに写真を整理してみたのだけど、みんなPC持ってきてUSBつないで保存する作業が億劫だと文句を言う。

そこで、NASを使って(インターネットには接続せず)あくまでプライベートネットワーク内で写真を共有することにした。

自分のPC上でフォルダのように見え、ドラッグ&ドロップでファイルを共有できて楽ちんである。

 

値段のバランスを考えて、容量は3TB、スピードはあまり重視しないということで、Buffalo リンクステーション LS210D0301C を選択。

アプリを入れればスマホからも接続できる。

インターネット経由での接続も可能だが、今回は使わない。

 

同僚のように、例えば遠く離れた両親と写真を共有したいというとき、何が正解なのだろうと思う。

 

そういえば、これを期に昔使っていたGoogle Picasa(今はもう無い)にアクセスしてみたら昔の写真が保存されっぱなしだった。

こうやってたとえば自分が死んだあともインターネット上にいろんな情報が残ってしまうのは嫌だなぁと改めて思う。