京野 誠 「ひとつえらぶとしたら」

毎日のBetterを目指す〜エンジニアとしてのキャリア、婚活、結婚生活、家事、就職、家族とか〜

家族と自分に使う時間とエネルギーについて

最近考えている家族と時間の問題について書いてみようと思う。

ところで僕、実は最近結婚したのだけど、まだきちんと結婚生活がスタートしているわけではなくて、つまり結婚生活についてはまだちゃんとした実感があるわけではなくて、それについては追々書こうと思うけれど、ここで言っている家族の問題というのは、僕の生まれ育った実家、僕の親族のことを指している。

さて、僕の家族は比較的仲が良い方だと思う。父と母は険悪だが、母親と子供、兄弟間の仲が良い。

三人兄弟だが、最近、末っ子が就職して家を出てから、母と父は実家で二人暮らしだ。

さらに最近父が定年退職を迎え、「父が家にいる」という生活がスタートした。

僕の結婚、子供の独立、父の定年ー

と、ここのところ大きな変化を体験したというわけだ。さらに最近、母が身体を壊して入院した。

このような一連の事件を通して僕はいろいろなことを考えさせられたし、今も考えている。

おそらく世界中の人がこのような経験をしているのだろう、と想像する。つまりこれは人生のステージの一つに過ぎないのだろうな、と考えるようになった。

そして今まで意識していなかったし、イメージしていなかったこれからのステージについての予感が否応無しに襲ってきた。すなわち、親の介護、親の死である。

そういう風に思うと、今まで常に自分よりも全てについて「上」の存在だと思っていた親が、いつのまにか歳をとっていて、弱っていて、自分の方が大きく、強くなっていたということに気づいてしまう。ショックだ。認めたくない。

いつのまにか時代は動いていたのである。

最近、幼馴染でもある従兄弟に子供が生まれて、幼少期から一緒に育った僕は、世代交代ってこういうことか、と思った。僕に子供ができたらまさにそういうことだろう。不思議なものだ。

そして、おそらく親と過ごすことのできる時間というのは本当にあと僅かなのだろうな、という予感が僕を襲う。

僕は家族が好きだし、家族の全員に幸せでいてもらいたいと願っている。

 

だから、なのだと思う。

最近、僕は疲れてしまったのである。

母から電話が来る、母がマンションに遊びに来る(僕はまだ同棲していないので)、その度に、僕はなんだか気を使って、この有限で貴重な時間と労力を、ここに傾けなければいけないような気がしていた。

父親の愚痴、家の問題、お金の話、将来の話。

確かに大事な話ではある。

僕も子供として知っておくべき話もたくさんあると思う。

だけど、例えば毎日1時間電話するのは辛い。3日間泊まりに来られるのは辛い。

僕だって仕事がある。勉強したいこともある。読みたい本もある。時間もそうだし、エネルギーも有限だ。

構わないで良いと言われても、どうしても母を楽しませようと接待モードになってしまう自分がいた。疲れてしまう自分がいた。

特に、その中で展開される女性特有の出口のない話に疲弊している自分がいた。かつ、母親にイライラしてしまう自分にも嫌気がさした。

共感を求めているだけなのだろうか?解決策を求めているのだろうか?どうしたいの?結論は?次のアクションは?そうやってつい、合理的に話を進めたくなってしまう。

 

時間は有限だから。

自分の時間、自分以外の時間。そこに折り合いをつけなければならない。

 

全部大切なのだ。バランスの問題なのだ。

自分で全部抱え込まないことだ。自分がやらなきゃ、やってあげなきゃというのはきっと傲りなんだ。

 

メリハリをつけよう。仕事も、自分の時間も大事だから。

例えば、月に1回家族会議の時間を作る。その他の日は自分のために使う。ただし、家族会議の時には集中して家族のことを考える、と決めておけば、スケジュールも立てやすいしコントロールしやすい。時間が奪わられるという感覚もなくなる。

過ごす時間が同じだったとしても、自分の意識の問題なのである。

今日はこれをする日、という自分の中での定義の話。それがセルフコントロールであり、ストレスを溜めないコツなのではないかと、最近思うのだ。

気になっている仕事があるのにデートが楽しめないのと同じ。

逆にその日にデートが入っているのなら、逆算してそれまでにやることはやっておけ、ということである。

火で炊く米にはまっている

相変わらず自炊は続いているが、ちょっと状況が変わってきている。

ずっと、火を使わないことで家事の自動化を推進したいと思っていたのだが、コンロを買ってから火を使った調理にはまってしまっている。

 

このコンロ、優秀なのでおすすめである。

一番ありがたいのが、タイマー機能。何分で消火という指示ができる。

魚、トーストなどの自動調理機能も便利。

コンロ購入の際はオプションでグリルプレートの購入もおすすめ。このグリルプレートを使うことで魚焼き機の「グリルメニュー」が使えるようになる。(むしろこれが無いとグリルメニューが無駄になってしまうのではないかと思うのだが、、、)

 

 

そして最近のお気に入りがこちら。これで炊いた米がうまい!

火で米を炊こうと思うと通常は火加減の調整が難しいものだが、米炊きモードをオンすれば自動で米を炊いてくれるのだ。優秀。

 

というわけですっかり火調理を解禁してしまったのだけど、米がうまいしスピード料理には反していないからま、いっか、と思っている。

もう少し続けてみる。

 

ちなみに、自炊にあたって食料調達プロセスの確保も考えていて、Oisixを再開したのだけど、これの「お米コース」というのを試している。

2kgの精米仕立てのお米を毎週送ってもらうというものである。

これを、白米➡︎7分づき➡︎5分づき➡︎3分づき➡︎玄米 と、だんだんと玄米化させていく作戦。現在3分づきの段階である。

炊きたてもうまいが冷めてもうまい。

これでおにぎりを作ってお弁当として会社に持っていく今日この頃である。

おすすめ。

 f:id:M_Kyono:20170909175335j:image

買って良かった調理道具

自炊が続いている。ほったらかし野菜スープ、おすすめ。

freedomwalts.hatenadiary.jp

続く仕組みを作るということがだいじなんだなと思う。

 

以下、最近買ってよかった調理器具まとめ。

 

- デジタルのはかり。0.1g単位で3kgまで計れるやつ。

 実は1kgまで計れるやつ(↓)は持っていたけど、象印IH圧力鍋が1kgを越えるため物足りなくなって購入。

3kgまで計れるタイプは新しいモデル(↓)が出ているのだけど、何が違うかって防水であることくらい。それで値段が倍くらいに跳ね上がるので型落ちで充分と判断。今のところ不満はない。 

- 計量スプーン

欲しかったんだよね。レシピ通り作ろうと思ったら必須。丈夫で使いやすい。不満なし。

- 計量カップ

内側から見えるメモリがついていて地味に便利。小麦粉、砂糖も計れる。

丈夫で使いやすく大きさもちょうど良い。計らないときでも、例えば鍋に水を組み入れたりするのにも大変重宝している。何しろとにかく大きさがちょうど良い。(大事なことなので2回ry)

- 電子レンジで使えるタッパー

良かったので追加で少し大きいサイズ(右)を買い足したほどである。材質、使い勝手、大きさがジップロックより良いと判断。

同じ大きさで揃えると重ねて収納できるから良いよね。

 

- 象印IH圧力鍋

あとこれね、買って良かったと思う。もう1台欲しいくらい。

象印IH鍋で料理してみた 第六弾 スープ克服!

あれから気に入って何度か人参ソテーを作っている。

freedomwalts.hatenadiary.jp

ふと思った。これはスープに応用できるのではないか、と。

そこで、山本式の低温調理を実施したあと、そこに水(or 出汁)を加えスープを作ってみたら美味しくできた。

 

<作り方>

1)象印IH圧力鍋にオリーブオイルをしく。

2)スープの材料を投入(人参、大根などの根菜やきのこ、肉、葉物野菜など)を投入。

3)上から塩をまぶす。

4)軽く混ぜて70℃で20分加熱。

5)蓋を開けて水(or 出汁)を入れる。ここで醤油を入れてもOK。

6)70℃で13時間のタイマーをセット。

これでいつでも食べられるスープがほったらかしでできる。

僕は、(味噌で味付けする時は特に長時間加熱したくないので、)味付けは食べる直前にすることにしている。小松菜などの葉物野菜も長時間加熱するとくたくたになるのできになる人は後から投入にすると良いかも。

しかし前の晩にセットして翌朝野菜たっぷりスープで朝ごはんが食べられる幸せ。

仕事から帰ってきてからも食べられる。しかも作るのが簡単。

美味しくて簡単じゃないと忙しい生活の中で自炊なんて続かないよな、と思う。

 

根菜の芯が結構残るので根菜は薄めに切るのがおすすめ。

ほったらかし料理で一番面倒なのが下ごしらえなので、最近はピーラーをWatchしている。僕が千切りなどで使っているのはこういうやつ。

  

最近気になっているピーラー。欲しい。

 

ところで、象印IH圧力鍋の温度調理機能では、はじめにビシッと味を決めなければいけないと思っていたけれど、最近、セットした時間の途中で蓋を開けても問題ないことに気づいた。つまり途中で鍋を開けて味見をしたり、調味料を加えて味を変えたりできるということだ。

象印IH鍋で料理してみた 第五弾 「正解は低温調理レシピ?美味しい人参ソテーができた」

最近の僕は悩んでいる。

それはご存知の通り、家事のオートメーション化がうまくいっていないからだ。

楽チンと引き換えに料理の味を犠牲にしたくはないのである。しかし、今日は朗報がある!やっと美味しいレシピに出会えたのである。

 

先日ブログに書いたように、象印IH圧力鍋で「炒め」ようというのはいささか無謀だった。少し考えれば分かるのだけど、高温で調理したところで鍋に「混ぜる」機能はついていないからだ。油と玉ねぎを入れて90〜100℃で放置したら接地面だけ焦げてしまうのはまぁ当たり前なのである。

そこで僕は気付き始めていた。象印IH圧力鍋の温度調理には不得意なことがあるのではないか・・・(遅い)。

それは上記「炒める」と「煮る」なのではないかと考えた。

象印IH圧力鍋のレシピを見ると「煮る」という行為は圧力鍋の機能を使っている。固定温度で、つまり低温で「煮る」ことはできないのではないか?

えっ、ちょっと待ってそもそも「煮る」ってなんなの?どういうことなの?という疑問が湧いてくる。もう僕にとって料理は科学だ。

水島シェフのレシピをWebでチラ見しても、下処理は低温でしていても「煮る」は別工程になっていたりする。「煮る」というのは火と鍋を使わないとできないのだろうか。。。70℃で数十分放置しただけでは全然火が通っていなかったのは確かで、それ以上の検証はまた別の機会にやるとして、「煮る」が不得意という仮定に基づくと、そもそも僕が通常鍋でやる工程を代わりにこの象印IH圧力鍋にやらせようと考えていたのは間違いなのではないかと思えてきたのだ。

そもそも象印IH圧力鍋の温度調理とは「低温調理器」なのではないか、という結論に達し、早速「低温調理」に的を絞って調べて見ることに。

そうしたら、この本に出会った。結論からいうととても良かった。Kindle Unlimitedで無料で読めるのでおすすめ。

 この中のレシピ、というか山本式というのをそのまま象印IH鍋でトレースしてみたら、とても美味しくできた。これはリピートしたいと思えるレベルである。

今回作ったのは簡単、人参のソテー。

ちなみにレシピは、MacbookKindleアプリで見ながら作った。画面が大きいしフルカラーで見ることができるのでおすすめ。

 

<作り方>

1)象印IH圧力鍋にオリーブオイルをしく。

2)人参の千切りを投入

3)上から塩をまぶす

4)軽く混ぜて70℃で20分加熱

おしまい

 

これが超うまい。材料が少ない分、良いものを使うのが吉。

ちなみに僕はオリーブ油はエクストラバージンオイル、塩は屋久島のお土産を使った。

ちょっとしばらく低温調理のレシピを試してみようと思う。 

象印IH鍋で料理してみた 第四弾 「ルーを使わないスパイスカレーに再挑戦」

懲りずにルーを使わないカレーを作った。

freedomwalts.hatenadiary.jp

前回不足していた「コク」とは、すなわち玉ねぎを炒めることなのではないかと考えた。

しかし頑なにフライパンを使いたくない僕は、象印IH圧力鍋にオリーブオイルをしき、100℃に設定して加熱した。

そこに鰹節でとっただし汁を追加、そして先日同様スパイスを加えていった。

 

結論から言うと、前回よりはコクが増した気がするがとびっきり美味しいカレーにはならなかった。

そしてもう一つ問題がある。それは掃除が面倒ということだ。

鍋の蓋は三層になっているのだが、ゴムパッキンの部分に結構カレー臭が残り、次の料理に支障をきたす。

当分カレーは良いかなぁ。。と諦めムードでござる。

象印IH鍋で料理してみた 第三弾 「レシピどおりに作るテスト」

料理のオートメーション試行錯誤が続いている。

とりあえず、まずはレシピのとおりに作ってみてどうかというところを試そうと思った。アレンジはそのあとだよね。

さて、レシピどおりに作ると決めたとき、必要になってくるのが分量を測る道具である。(形から入る)

 Amazonの評判などを読んでこの2つを購入した。

使った感触は良い感じ。作りがしっかりしていてずっと使えそう。満足。

僕はいつも(と言ってもほとんど料理なんてしないのだけど)、味見をしながら適当に味付けをするのだけど、ちゃんと測りながら作ろうと思うと、なんだか化学実験のようである。

さて、実際IH圧力鍋で料理をしてみて思うのは、最初にバシッと味を決めるということである。

つまり、レシピでもなんでも良いのだけど、味の黄金比率さえ決まれば、失敗を恐れなくて良い反面、計らないで味をつけるのがとたんに怖くなる。

つまり、IH圧力鍋というツールは、普段火を使って料理するものを、時間短縮のためお任せにするものであって、まずは普通の鍋で味の実績を作ってからIH圧力鍋に移行するというステップが正しい気がしてきたぞ。

 

今回の僕は、IH圧力鍋を使い、作ったことのない料理を、実績のない分量(レシピに従う)で作ってみた。

具体的には、象印IH圧力鍋を購入した時についてきたレシピ本を参照した。

作った料理は里芋の含め煮とイワシの生姜煮。

(ちなみに里芋の方はなんとなくNHKの料理本の分量を採用した。IH圧力鍋を使うのだから象印のレシピにしたがっておけば良いものを、変な洒落っ気を出した。)

 

で、仕上がりはまぁこんなもんかな、という感じ。

美味しいよ、美味しいけどとびっきり美味しいかと言われるとそこまでじゃない。(イワシの方はお酢の分量を間違えたのが原因かもしれない。うっかり。)

すごく美味しくないと、料理を続けるモチベーションが削がれそうなのでもう少し改良したいと思う。

 

それで、さっきも書いたけれど、次回は、まずは鍋で作ってみてどんなもんかなというのを試したい。

火を使うVersionで分量を試行錯誤して、満足のいくレシピをIH圧力鍋でトレースす流という考え方が正しいのではないか。

 

しかし、レシピを覚えてそれしか作れないというのは、IH圧力鍋にしても火を使う料理にしても不便である。途中で味の変更ができないIH圧力鍋はなおさら。

 

キッチンで本を見ながら作るのは億劫なので、もっと抽象的なフレームワークが欲しいものだと思う。もう少し考える。